コウチヤ通信

「コウチヤ通信」2018年2月号を発行しました

「コウチヤ通信」2018年2月号を発行しました。

定期的なコンテンツの⾒直しを

ホームページの公開後、定期的にコンテンツの見直しを行いましょう。できれば1 年に1 度、時期を決めて見直すことができると良いですね。ホームページ公開から2 年も経つと情報も古くなっている可能性が高いです。ユーザーが求めている情報は時期や流行によっても変化しますので、定期的なコンテンツの見直しをすることで、時々に合った情報を提供するように心がけましょう。

シマンテック系SSL サーバー証明書に注意

ベリサイン/シマンテック系のSSL/TLS サーバー証明書が今年の3 月からChrome とFirefox で段階的に一部無効になります。シマンテックの証明書ビジネスに不正があったため、Google が同社の証明書を認定しないと表明したためです。対象となるのは「Symantec」「GeoTrust」「RapidSSL」「Thawte」の証明書。対象の証明書は有効期限にかかわらず無効になるので、再発行の手続きが必要になります。早めに自社のSSL サーバー証明書の確認をしてください。

コウチヤニュース

中小企業庁の「小規模事業者補助金」が今年も行われます。この補助金はホームページ制作にも使えますので、リニューアルなどの一助とされてはいかがでしょうか。補助金申請については、今月発表される詳細を確認ください。申請については近くの商工会議所などでも相談に乗ってもらえるようです。