コウチヤがワードプレスをすすめる6つの理由

まず、ワードプレス(WORDPRESS)とは

ワードプレス(WordPress)は、アメリカで生まれたオープンソース(無料)のブログソフトウェアです。HTMLなど、難しい専門知識がなくてもお客様自身でコンテンツを更新することができること、デザインをカスタマイズしたり機能を追加することが可能であることなどから、CMS機能付き(自動でホームページが構築できる)ホームページやWEBサイトとしても愛用され、その利用者は年々増加しています。コウチヤでは、国内ではまだまだ利用者が少なかった2006年にワードプレス(当時日本語版は「WordPress ME」と呼ばれていました)を主力CMSとしていち早く採用し、それ以来積極的に提供しています。2013年現在は、制作するホームページの90%以上がワードプレスを使ったものになっています。
ワードプレスロゴマーク

理由その1、世界最大のシェアを誇る

ワードプレス(WordPress)の「シンプルな管理画面で使いやすい」「記事の更新がしやすい」「多くの人と共有管理ができる」といった特徴は全世界で受け入れられ、2013年には世界で使用されているCMSの50%以上のシェアを占めているという調査結果もあります。シェアが多いと言うことはそれだけ利便性に満足していると言えるのではないでしょうか。

理由その2、常に進化するアップグレード体制だから安全・安心

ワードプレス(WordPress)はWebアプリケーションとして多用されている開発言語「PHP」と、データベースの代表格「MySQL」とで構築されています。この開発言語は多くのエンジニアに馴染みのあるものだったことから保守、管理の面でも安心して使え、結果的に数多くのユーザーを生みました。常にユーザーの利便性を考慮した開発は進化も早く、セキュリティや機能向上のためのアップグレードも頻繁に行われています。

理由その3、専門知識がなくても簡単に情報更新ができる!

ワードプレス(WordPress)を使ったホームページとは、すなわちCMS標準搭載のホームページです。CMSという機能は、自動でホームページが構築できる仕組みであるため、文字や画像の更新管理はまるでブログのように簡単にできます。特定のホームページ制作ソフトを購入する必要もなく、更新作業は、ブラウザで開いた管理画面上で行うため、インターネットがつながれば世界中どこからでも、どんなパソコンからでも更新作業を行えます。

理由その4、機能拡張・カスタマイズも自由自在!

ワードプレス(WordPress)は機能拡張やカスタマイズにも驚くほど柔軟な仕様です。スパム対策、コンタクトフォーム、スライドショー、アクセス解析などのプラグイン(追加型のプログラム)も豊富に用意されていおので、必要に応じた機能を容易に組み込めます。また、エンジニアの手にかかれば会員登録や、名簿のデーターベースなどを蓄積したり、イベント情報の更新、講座の受付システムなどの機能を追加することも可能ですし、デザインも自由に変更できます。

理由その5、携帯やスマートフォン対応もバッチリ

ワードプレス日本公式キャラクターワードプレス(WordPress)で制作するホームページは、スマートフォンサイトと連動することができます。パソコン用ホームページと同一のデータを共有するスマートフォンサイトは、パソコン用のホームページを更新すると連動してスマートフォンサイトも更新されるため情報の書き換えは1度で完了。また、携帯やスマートフォンでの表示・非表示は設定で選べるようになっています。

理由その6、SEO(検索上位表示)対策に適したつくりになっている

ワードプレス(WordPress)は初期設定である程度SEOに適した構成になっているため、検索上位表示になりやすいといったメリットがあります。また、更新の手軽さから更新頻度やコンテンツの増量も見込めるため、新鮮で有用な情報コンテンツが掲載されたホームページが多くなります。自然にコンテンツが増えるホームページはSEO(検索上位表示)にも効果が大きいため、結果として検索上位表示に有利であると言えるでしょう。