コウチヤ通信

コウチヤ通信5月号を発行しました

コウチヤ通信5月号を発行しました。

一呼吸整えることから

新型コロナウィルスの収束が見えない中、GWに突入。緊急事態宣言という非常時ですが、だからこそ毎日の生活を整える、丁寧に過ごすということを意識したいなと思います。事業や健康、会社や家族など不安要素は数々ありますが、まずは自身の生活リズムを整えリラックス。一呼吸して過度の情報に押しつぶされないようにしたいものです。

“物事のオンライン化”が急激に加速

新型コロナウィルスの流行により、世界中の人々が移動や動きに制約のある生活を余儀なくされています。自宅に留まるしかないこの状況の一方で、動画配信やWeb会議、ネットショッピング、医療や教育など ”物事のオンライン化” は急激に加速していますね。このオンライン化はコロナが収束した後も続くとの見方が強いため、自身の事業や生活のオンライン化について、今この時期に考えておくことが必要かもしれません。

新たなWeb会議サービスが5月上旬以降登場

「Zoom」のほか「Microsoft Teams」「Facebook Rooms」など、自宅からオンラインで繋がるWeb会議サービスが人気ですが、この5月に米グーグル社が「Google Meet」という新たなWeb会議サービスを提供すると発表しました。最大100名まで、9月末までは時間も無制限で使えるということなので、多人数で繋がりたい方はぜひお試しください。

Translate »